耐熱/耐寒用ユニット





耐熱/耐寒シリーズ (特殊記号 - 耐熱用: D1K2 & D9K2 耐寒用: D2K2)
FYH普通品の使用温度範囲を超えて、高温あるいは低温の条件で軸受ユニットを使用する場合は、耐熱用(特殊記号:D1K2)給油式、
耐熱用(特殊記号:D9K2)無給油式、耐寒用(特殊記号:D2K2)を選定します。
耐熱用(特殊記号:D9K2)フッ素グリースを用い、高温下で長期無給油運転が可能です。
耐熱ユニットと耐寒ユニットの仕様を下表に示します。

耐熱用ユニットと耐寒用ユニットの仕様
区分 特殊記号 使用温度範囲 グリース シールのゴム材料 軸受の内部すきま
(ºC) (ºF) UC 形 UK 形
普通品 - −20 to 100 −4 to 212 FYH リチウムベアリンググリース
(リチウムコンプレックス)
ニトリル CN C3
耐寒用 D2K2 −50 to 120 −58 to 248 SH33M (リチウム石けん) シリコーン CN C3
耐熱用 D1K2 −40 to 180 −40 to 356 ユーレット EDM-1 (ジウレア) シリコーン C4 C5
耐熱用 D9K2 −20 to 230 −4 to 446 デムナム L-200 (フッ素) シリコーン C4 C5


超耐熱用ユニットの仕様
区分 特殊記号 使用温度範囲 グリース シールのゴム材料 軸受の内部すきま
(ºC) (ºF) UC 形 UK 形
耐熱用 D9K6S6Y2 −20 to 230 −4 to 446 デムナム L-200 (フッ素) フッ素ゴム C4 -
耐熱用 D9P4S6Y2 −20 to 260 −4 to 500 デムナム L-200 (フッ素) - C4 -
超耐熱用 S6Y3 300 to 450 572 to 842 固体潤滑剤保持器 - 特殊 -


軸受ユニットのグリース補給間隔 (推奨)
運転温度 ºC グリース補給間隔 使用軸受 補給するグリース
を超え 以下 かなりきれい 塵埃が多い 塵埃が多く、
泥水がかかる


50
70
50

70
100
(3ヶ月)
無給油
1年
6ヶ月
(2ヶ月)
1年
4ヶ月
2ヶ月
(1ヶ月)
4ヶ月
1ヶ月
2週間
(耐寒用 D2K2)1)
普通品
SH33M,
FYH リチウムベアリンググリース
100
120
150
120
150
180
2ヶ月
2週間
1週間
2週間
5日
2日
5日
2日
1日
耐熱用 D1K2 ユーレット EDM-1

        注 1) ( )内のグリース補給間隔は、耐寒用 (D2K2)の場合を示します。
        備考) 本表のグリース補給間隔は、1日8〜10時間運転の場合を示します。
                  運転時間が異なる場合は、グリースの補給間隔の頻度を指定しなければならない。
                  例えば、1日に16〜20時間動作するユニットは、グリース補給間隔を半分にしなければらない。